自営業が借りれる消費者金融

自営業の人が借りれる消費者金融事情

世の中には、たくさんの仕事があって基本的には日中働く人が多い中、夜中に働いている人も多いです。
例えば24時間営業のコンビニやファーストフード等が代表格です。後は大学病院や総合病院の当直医等もそうです。
コンビニの場合はオーナーかアルバイト店員のどちらかが多いです。ファーストフードはアルバイトもいれば正社員もいます。
客から見れば、正社員だろうが、アルバイトだろうがその店員さんがミスなく仕事をしてくれれば十分です。ケチをつける理由がありません。
自営業の方は、自分の好きなように働けます。例えばネット取引中心に事業を組み立てていく人もいれば、そうでない人も勿論います。
自営業業者の人の消費者金融事情ですが、通常のサラリーマンよりハードルは高いです。
先ず給料明細があってないようなものです。その為消費者金融側もあるカードを切って来ない限り守りに入ります。
当然サラリーマンと違い黄金コンビの運転免許証と社会保険が無いわけですから、審査はかなり慎重に行われます。
如何せん収入を証明するものをこの段階では消費者金融側には見せていませんからね。
ここで自営業業者の人が消費者金融に対してとっておきのカードを切ります。それは課税証明書です。
この課税証明書は前年度の収入と税金が全て載っています。役場で300円で1通取れます。
このカードを切られると流石の消費者金融も一転して融資の方に傾き出します。
後は信用情報機関で情報を調べて問題が無ければ融資となります。