消費者金融 夜逃げ

消費者金融の借金を踏み倒して夜逃げをするとどうなるのか?

近年借金の踏み倒しが増加傾向にあります。一番多いのは自己破産です。
自己破産は1度っすると7年間は再び自己破産はできません。以前は10年でしたが法律の改正と共に変わりました。
しかし、自己破産を2度する人は余程の事がないかぎりないと思います。
また1度自己破産している訳ですから、幾ら法律上は問題がないとはいえ裁判官に与える心証は決して良くないでしょう。
しかしそれでも弁護士が手際よく手続きして行くと案外簡単に免責決定が出るようです。
お金を貸していた中堅クラスの会社は堪ったものではありません。
しかし免責の決定が出た以上は異議申し立ては出来ますが、決定が覆る事は先ずないでしょう。そして今でも夜逃げする人がいます。
流石に家族持ちの人は出来ません、学校に通わすには違う県で住民登録しなければいけません。
これを行わないと子供達が学校に通えません。また住民登録をすると消費者金融側は戸籍謄本を見る事が出来るので何処に住んでいるかバレテしまいます。
その為家族のいる人は自己破産です。最近夜逃げで多いのが若者です。借金の時効は5年です。5年間逃げ切れば勝ちになります。
夜逃げした人に勝ち負けの話はどうかと思いますが実際法律上そうなっているので仕方がありません。
夜逃げする人は突発的に夜逃げをするのではなく計画的に夜逃げします。夜逃げが計画的に出来るのなら返済も計画通り返せなかったのか?
と言う所に行きつきます。夜逃げされると自己破産よりタチが悪いです